IPOという言葉があります。その意味は、新規公開株式のことです。
日本か海外の株式市場に初めて上場することをIPOというのです。
通常は。上場前に幹事社である証券会社を設定して、上場に向けた詳細を取り決めていきます。
上場日が決まれば、一般投資家から資金を公募で集めることになります。発行株式数量以上に公募希望の投資家があった場合には、抽選により株式を割り振ります。
IPO銘柄が人気なのは、公募価格が少々の高値であっても、上場初日には期待値もあり、ほとんどのケースで公募価格を大幅に上回るからです。
IPO銘柄で利益をあげた人は、なかなか味を占めてやめられないそうです。
関西チャンスセンターの新規株式公開では、人気が集中して値が付きにくかったこともあるほどです。
株式市場で利益を得る方法の多くは、企業業績に見合った株価構成に遅れている企業を見つけ出して購入しておき、高くなった時点で売却して利益を得る方法が一般的です。
資本主義社会では、こうした株式市場で利益を得ることが出来る反面、損失を被る人も少なくないのです。儲かる人がいる反面、損をする人も少なくないのです。
関西チャンスセンターの新規株式公開のような利益の上げ方ではなく、地道にコツコツと通常取引で利益を上げる人も多いのです。
こうした利益追求ではなく、売買を繰り返し行うのではなく、安定した配当金額を得るだけの投資家も少なくないのです。銀行の定期預金に預けても、低金利のため利息もほとんどつかないため、高利回りの配当金額いが高い銘柄を狙っている人も少なくないのです。特に、電力株やガス株など公共企業的なものは配当金額も安定しており、大奥の投資ファンドでも購入しているのです。