GMOワークスという企業があります。GMOワークスが上場して、株主を募ることも可能性としてはあります。上場を果たせば、その市場を通じて個人投資家などが自由に、GMOワークスの株を売買することができるようになります。
このGMOワークスが上場する際に、予め株主を募る行為のことを、IPOと呼ばれます。株式の世界では大変注目されている制度ですので、投資家であれば必ず覚えておきたいものです。
IPOは未公開株の段階ですので、株価がまだ安いという魅力があります。この安い時点で事前に購入しておけば、株価が上昇した時に売ることで、差額で大きく儲けられる可能性を秘めています。
上場直後の企業は注目度が高いため、上場後すぐに株価が上昇する性質を持っています。IPOを利用すれば、上場タイミングですぐに利益を得られやすく、ローリスクミドルリターンの投資方法だといわれています。
IPOは投資家であれば、誰でも株を購入できるとは限りません。抽選で購入資格者が決定するからです。証券会社を通じて抽選に申し込むようになっていますが、証券会社によって、その抽選方法は違いますので、よく覚えておきましょう。
できるだけ多くの申し込み者が当選できるように配慮された、抽選システムを導入している証券会社なら高い確率で当選できる可能性があります。例えば、証券会社に配分された株数よりも、申し込み者が多い場合には、1人が2単位以上の当選をすることがないというシステムなら、公平性が高くなります。
このようなシステムを導入していなくても、落選した申し込み者が次回以降のIPOの抽選で、当選確率が上がるようなシステムを導入している証券会社も存在します。